ドッグフードのキャリーオーバーって?

無添加ドッグフードで安心!でも実は…?

「キャリーオーバー」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 

宝くじ!ロト6!

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

…かくいう私もその内の一人です。

 

が、宝くじもロト6もドッグフードには関係ありませんので、
今回はドッグフードを調べていくうえで頻繁に目にした
「キャリーオーバー」についてお話させて頂きます。

 

無添加ドッグフードは安心?

 

まず「無添加ドッグフード」と聞いて、あなたはどんなイメージを持たれますか?

 

当然、体に良さそう、安心して与えられそう…といういいイメージを持たれますよね。

 

危険な添加物がたくさん入っているドッグフードが市場のほとんどを
占めている現状では、「無添加」を謳ったドッグフードはとても魅力的に感じます。

 

ですが、その「無添加ドッグフード」に本当は添加物が入っているとしたら?

 

「そんなの“無添加”って書いてあるんだから入っているわけないじゃない!」

 

と思われる方もいるでしょうが、実は入っている場合があるんです。

 

キャリーオーバーとは?

 

メーカーは、原材料自体に添加物が使われていたとしても
自社の製造段階で添加物を使っていない場合「無添加」と表記することが出来ます。

 

これが「キャリーオーバー」です。

 

キャリーオーバーは主に「繰越し」などの意味で使われますが、
原材料に使われていた添加物が完成品であるドッグフードにまで
影響することからこう呼ばれています。

 

つまり、いくら「無添加」と謳われていても
実際は添加物が入っている可能性が高いということです。

 

何だか…騙されている感が半端ないですよね(汗)

 

何も知らない消費者は「無添加」と書かれているのを見て
「これなら安心ね!」と思うはずです。

 

100%無添加で体に悪いものは一切使われていない、と思うはず。

 

(少なくとも少し前の自分なら思っていた;)

 

それだけ「無添加」という表記の威力は絶大です。

 

もちろん、全ての原材料を自社で管理するなど
しっかりと目が行き届いているメーカーもあると思います。

 

…が、そんなドッグフードは本当にごく一部ではないでしょうか?

 

100%安心してはいけないという現実

 

以上のような理由から、「無添加」という表記だけ見て
100%安心してはいけないということです。

 

無添加であることはもちろん、使われている原材料や他の方の口コミなど
色んな要素をチェックして本当に安心して与えることが出来る
ドッグフードを選んでいきたいですね。

スポンサーリンク

関連ページ

総合栄養食はわんちゃんの主食となるご飯
ドッグフードの「総合栄養食」ってどういう意味かいまいちよくわかっていない…そんな方はいませんか?
総合栄養食と一般食は全くの別物ですか?
ドッグフードの「一般食」って総合栄養食とどう違うのでしょうか?栄養素は?カロリーは?
ドッグフードのリパック品って?
ドッグフードのリパック品についてです。リパック品って何なのでしょうか?気になる方は要チェック!
AAFCOの基準は信用できる?
ドッグフードによく「AAFCOの栄養基準をクリア」と書かれているものがあります。AAFCOって一体何なのでしょうか?