ドッグフード ラム肉

ラム肉は高タンパク低カロリーで肥満予防にも!

もとが肉食のわんちゃんにはドッグフードはお肉が主原料になっているものがおすすめです。

 

「お肉」といっても色々ありますよね?鶏肉、牛肉、豚肉、馬肉、鹿肉、鴨肉…
などなど本当にたくさんあるのですが、個人的に最もおすすめなのが「ラム肉」です。

 

ラム肉は良質なタンパク源であり、高タンパクで低カロリーが特徴となっています。

 

アレルギー源にもなりにくいと言われているので、逆にアレルギー源になりやすいと
言われている鶏肉や牛肉などを主原料としたドッグフードに不安を感じる方にはおすすめです。

 

L-カルニチンなどの有効成分を豊富に含む

 

人間の世界でも最近大注目されている成分、
L-カルニチンがラム肉には豊富に含まれています。

 

L-カルニチンは体内で作られる成分で脂肪燃焼効果が期待できると言われています。

 

加えてラム肉は低コレステロール。

 

さらにコレステロールを下げるのに有効な「不飽和脂肪酸」が豊富に
含まれていたりと、総合的にみてかなり優秀なお肉ですね♪

 

わんちゃんの体が喜ぶ良質なタンパク質はたっぷりなのに太りにくい。
肥満が気になる子にはもってこいだと思います。

 

生後2年からはマトン肉になります

 

ラム肉は皆さんもご存知の通り羊肉ですが、羊肉のなかでも
生後1年未満の仔羊の肉のことを「ラム肉」といいます。

 

さらに成長した羊のお肉が「マトン肉」となります。

 

よく「ラム肉とマトン肉は何が違うの?」と思われる方もいるみたいですが
ラム肉は臭みがそれほどなく食べやすいのに対して、マトン肉は独特の臭みがあります。

 

ですがマトン肉はそれ以上にうまみがありますし、L-カルニチンの量も
ラム肉よりもかなり多いみたいです。

 

マトン肉はその独特の臭みが好きな方も多いみたいで
ハマル人はどっぷりハマるみたいですね^^

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンEは老化予防に効果的!
ドッグフードの成分、ビタミンEについて。強い抗酸化作用を持ち、老化防止に効果的と評判ですね。
小麦(小麦粉)は主原料として大活躍?
ドッグフードの主原料として知られる小麦(小麦粉)について。人間社会でも大活躍の食材ですが犬の世界では…どうなんでしょう?
とうもろこしは犬の体に必要のないもの
ドッグフードの主原料としても有名なとうもろこしですが、実は犬の体にはあまり良くないのです。
発がん性のリスクも!BHA(危険な保存料)
ドッグフードの酸化防止剤にも使われているBHA(ブチルヒドロキシアニソール)には発がん性があるとの情報があるので注意して下さい。
BHT(酸化防止剤)には要注意!
ドッグフードの酸化を防ぐために使用されているBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)には危険な発がん性の疑いがあるので要注意!
エトキシキンは食品添加物として一切認められていません!
ドッグフードの最恐の酸化防止剤が「エトキシキン」です。かなりの毒性を持ち大変危険な成分です。
牛肉(ビーフ)は元気の源!
牛肉には元気な体を作るために必要なタンパク質がたっぷり含まれています。タンパク質は子犬や成犬に特にしっかり摂らせてあげたい成分です。
鶏肉は高タンパク低脂肪が魅力♪
ドッグフードの主原料として大活躍の鶏肉。鶏肉(チキン)にはどんな栄養素があるのでしょうか?
豚肉があまり使われない理由
鶏肉、牛肉メインのものが多いドッグフード。豚肉(ポーク)はあまり見かけませんが、どうしてなんでしょうか?
馬肉は栄養素の宝庫!おすすめです!
馬肉のドッグフードはとってもおすすめ♪栄養価が非常に高く、高たんぱく低カロリーといいことずくしです!
玄米には驚くべき高い栄養価が秘められていた!
ドッグフードには白米よりも玄米が入っている方がいいって本当でしょうか?玄米の秘密に迫ります!
ビール酵母ってアルコールのこと?
最近良く聞く「ビール酵母」ってドッグフードにも入っているけど、どんな成分なの?犬にアルコールはダメなんじゃないの?
オートミールは食物繊維の量が穀物で1番?
近年健康食品として大注目されている「オートミール」はわんちゃんが食べるドッグフードや手作りごはんにも大活躍なんです!
大麦と小麦の違いとは
ドッグフードによく使われている穀物の1つである「大麦」って一体どんなもの?小麦との違いって?
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える!
ドッグフードにはミネラルも大事。そのミネラルの中でも欠かせない成分であるビタミンB1は糖質をエネルギーに変える力があるんです。
ビタミンB2は成長するのに必要不可欠!
ドッグフードの成分「ビタミンB2」について。ビタミンB2は子犬のときには絶対に必要な成分です。
七面鳥(ターキー)はとってもヘルシー
七面鳥(ターキー)を使用したドッグフードってどうなんでしょうか?七面鳥の特徴など。
ビタミンA(レチノール)は万能なんです
ドッグフードに含まれるビタミンA(レチノール)にはこんな特徴があったんです。ビタミンAの摂取はとても大事なんですね。
オーツ麦の驚くべき栄養価
オートミールの元となるのが栄養満点の「オーツ麦」です。オーツ麦の魅力をたっぷりご紹介します!
ビタミンD3を作るには日光浴が大事!
ドッグフードの成分でよく目にするビタミン類。そのビタミンの1種「ビタミンD3」にはどんな特徴があるのかご紹介します。
鴨肉(ダック)はアレルギーが心配なわんちゃんにおすすめ
鴨肉(ダック)のドッグフードはアレルギーが心配なわんちゃんにもおすすめとなっています。不飽和脂肪酸とビタミンB2が豊富!
亜鉛不足はとっても深刻です!
ドッグフードに大切なミネラル「亜鉛」。亜鉛は人間にも犬にも欠かせない命を作る成分です。
ビートパルプはうんちを変える
ドッグフードでよく見かけるビートパルプってどんなものかご存知ですか?主に「うんち」に関係のあるものです。
知らないうちに摂取してるプロピレングリコール
半生タイプのドッグフードや犬用おやつに必ずと言っていいほど使われている「プロピレングリコール」ってどんなもの?人間の商品にもよく使われていますよ。