ドッグフード ビタミンA(レチノール)

ビタミンAの摂取は人間にも犬にとっても大事!

ビタミンAは脂肪に溶けやすい脂溶性ビタミンの1つです。

 

肝油・うなぎ・レバー・バター・緑黄色野菜・卵などに多く含まれています。

 

脂肪に溶けやすい性質から、油で調理すると吸収率がぐんと高まります。

 

ビタミンAは本来、肉や魚などの動物性食品にしか含まれていませんが、
緑黄色野菜などに含まれるカロテン(βカロテン)が動物の体内で
ビタミンAに変化することが確認されています。

 

つまりビタミンAにはそのままのレチノールと、
プロビタミンAと呼ばれる動物の体内でビタミンAに変化する物質
(α-カロテン・βカロテン・クリプトキサンチンなど)の
2種類に分類することができるわけです。

 

ビタミンAのいいところ

 

ビタミンAは体全体の健康状態を左右すると言っても過言ではありません。

 

成長促進、皮膚の保護、免疫力強化、老化・がん予防などなど…

 

その効能は計り知れないほど多岐にわたります。

 

またなかでも強くビタミンAの影響を受けるのが目の器官です。

 

ビタミンAが不足すると暗いところでなかなか目が慣れない…
などの視覚障害に陥る可能性があります。(夜盲症)

 

人間や犬だけでなく、全ての動物にとってビタミンAは
無くてはならない成分と言えるでしょう。

 

ただ摂り過ぎると頭痛、嘔吐、疲労感などの症状が出る場合があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンEは老化予防に効果的!
ドッグフードの成分、ビタミンEについて。強い抗酸化作用を持ち、老化防止に効果的と評判ですね。
小麦(小麦粉)は主原料として大活躍?
ドッグフードの主原料として知られる小麦(小麦粉)について。人間社会でも大活躍の食材ですが犬の世界では…どうなんでしょう?
とうもろこしは犬の体に必要のないもの
ドッグフードの主原料としても有名なとうもろこしですが、実は犬の体にはあまり良くないのです。
発がん性のリスクも!BHA(危険な保存料)
ドッグフードの酸化防止剤にも使われているBHA(ブチルヒドロキシアニソール)には発がん性があるとの情報があるので注意して下さい。
BHT(酸化防止剤)には要注意!
ドッグフードの酸化を防ぐために使用されているBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)には危険な発がん性の疑いがあるので要注意!
エトキシキンは食品添加物として一切認められていません!
ドッグフードの最恐の酸化防止剤が「エトキシキン」です。かなりの毒性を持ち大変危険な成分です。
ラム肉はいいところだらけ
ドッグフードには色んなお肉が主原料として使われていますが、個人的におすすめなのは「ラム肉」です。ラム肉はいいところがいっぱいですよ!
牛肉(ビーフ)は元気の源!
牛肉には元気な体を作るために必要なタンパク質がたっぷり含まれています。タンパク質は子犬や成犬に特にしっかり摂らせてあげたい成分です。
鶏肉は高タンパク低脂肪が魅力♪
ドッグフードの主原料として大活躍の鶏肉。鶏肉(チキン)にはどんな栄養素があるのでしょうか?
豚肉があまり使われない理由
鶏肉、牛肉メインのものが多いドッグフード。豚肉(ポーク)はあまり見かけませんが、どうしてなんでしょうか?
馬肉は栄養素の宝庫!おすすめです!
馬肉のドッグフードはとってもおすすめ♪栄養価が非常に高く、高たんぱく低カロリーといいことずくしです!
玄米には驚くべき高い栄養価が秘められていた!
ドッグフードには白米よりも玄米が入っている方がいいって本当でしょうか?玄米の秘密に迫ります!
ビール酵母ってアルコールのこと?
最近良く聞く「ビール酵母」ってドッグフードにも入っているけど、どんな成分なの?犬にアルコールはダメなんじゃないの?
オートミールは食物繊維の量が穀物で1番?
近年健康食品として大注目されている「オートミール」はわんちゃんが食べるドッグフードや手作りごはんにも大活躍なんです!
大麦と小麦の違いとは
ドッグフードによく使われている穀物の1つである「大麦」って一体どんなもの?小麦との違いって?
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える!
ドッグフードにはミネラルも大事。そのミネラルの中でも欠かせない成分であるビタミンB1は糖質をエネルギーに変える力があるんです。
ビタミンB2は成長するのに必要不可欠!
ドッグフードの成分「ビタミンB2」について。ビタミンB2は子犬のときには絶対に必要な成分です。
七面鳥(ターキー)はとってもヘルシー
七面鳥(ターキー)を使用したドッグフードってどうなんでしょうか?七面鳥の特徴など。
オーツ麦の驚くべき栄養価
オートミールの元となるのが栄養満点の「オーツ麦」です。オーツ麦の魅力をたっぷりご紹介します!
ビタミンD3を作るには日光浴が大事!
ドッグフードの成分でよく目にするビタミン類。そのビタミンの1種「ビタミンD3」にはどんな特徴があるのかご紹介します。
鴨肉(ダック)はアレルギーが心配なわんちゃんにおすすめ
鴨肉(ダック)のドッグフードはアレルギーが心配なわんちゃんにもおすすめとなっています。不飽和脂肪酸とビタミンB2が豊富!
亜鉛不足はとっても深刻です!
ドッグフードに大切なミネラル「亜鉛」。亜鉛は人間にも犬にも欠かせない命を作る成分です。
ビートパルプはうんちを変える
ドッグフードでよく見かけるビートパルプってどんなものかご存知ですか?主に「うんち」に関係のあるものです。
知らないうちに摂取してるプロピレングリコール
半生タイプのドッグフードや犬用おやつに必ずと言っていいほど使われている「プロピレングリコール」ってどんなもの?人間の商品にもよく使われていますよ。