犬の水の飲み過ぎが心配です

水はいくら飲んでも大丈夫…は間違い!

ドッグフードと一緒に絶対に用意してあげて欲しいのが「お水」です。

 

水は生きとし生けるもの全ての存在にとって無くてはならないものですね。

 

私達人間もわんちゃんも、動物の体のおよそ3分の2は水分でできていると言われています。

 

ただ、いくら体に必要なお水だからと言ってあまりにもたくさんお水を飲む…
というのはちょっと考えものです。

 

あなたの愛犬は毎日どのくらいのお水を飲んでいますか?

 

一般的には、体重1kgあたり50cc前後の量が目安のようですので参考にして下さい。

 

…とは言え、1頭だけなら器に入れた量をメモしておくなり等の工夫をすれば
大体の飲量を把握できますが、多頭飼育の場合はなかなか難しいかもしれませんね;

 

ただ、一緒に暮らしていれば

  • 以前と比べて明らかに飲む量が多くなった
  • 飲む回数も多くなった
  • 飲み過ぎると感じる

等のことはわかると思うので、愛犬はどうなのか?1度注意深く観察してみて下さい。

 

水の飲み過ぎで考えられる病気って?

 

私達人間も激しい運動をした後や、気温、食べ物など様々な要因によって
飲料の量が多くなることがあります。

 

わんちゃんも同じです。

 

例えばずっとウェットフードだったわんちゃんがドライフードに変えた場合も
一時的に飲む水の量は多くなります。

 

(乾燥したドライフードって食べた後凄く喉が渇きそうだな〜といつも思っています^^;)

 

これはどう考えても普通のことなので気にしなくてもいいのですが、
常にこういう状態だったりした場合には病気の疑いが出てくるので注意が必要です。

 

飲む水の量もそうですが、おしっこの量や回数も重要です。

 

水分がうまく吸収できなくておしっことして排出
→おしっこの量や回数が多くなる
そこで今度は脱水が起こり、また水を飲む…

 

とこういった悪循環が生じている危険もあります。

 

一般的にたくさんの水を飲む症状で考えられる病気が、糖尿病・腎不全やホルモン異常などです。

 

水を飲まないというのも問題ですが、必要以上にたくさんの水を飲み過ぎる、というのも異常な行為なので、愛犬ががぶがぶといつも大量の水を飲んでいるようでしたらすぐに動物病院で診てもらって下さい。

 

病気の早期発見のためには常日頃から愛犬の様子をよく観察することが大事と言えますね。

スポンサーリンク