中国産原料のドッグフードで起きた悲しい事件

中国産原料のドッグフードで起きた痛ましい事件

「中国産」という言葉に反応しない人は全くと言っていいほど
いないのではないでしょうか?

 

それほど食品をはじめとする中国産商品の問題は日本だけでなく
世界中を揺るがせています。

 

もちろん全ての中国産商品が悪いわけではないと思います。

 

ただやはり報道されているような情報が事実ならば
安全性を考えたときにできるだけ避けたいと思うのが本心です。

 

人間の食品の安全基準も問題大あり…ならば犬や猫が食べる
ペットフードの実態はどうなっているのでしょう?

 

考えただけでも身震いしてしまいます。

 

たくさんのペットが亡くなりました…

 

ドッグフード、中国産…と聞いて、思い浮かべるあの大事件。

 

凄く大きなニュースにもなったので、たくさんの愛犬家さんの心のなかに
今も焼き付いているのではないでしょうか?

 

その事件とは、アメリカ産ドッグフードが原因で起きたペットの大量死…
という何とも痛ましいものです。

 

「アメリカ産?中国産と関係があるの?」と事件のことを知らない方は
思うかもしれませんが、アメリカ産=全てアメリカのものを使っている、
とは限らないのです。

 

そう、アメリカ産ドッグフードに使われていた中国産の原材料の小麦グルテンに
メラミンが混入されていたことが原因でこの事件は起きてしまったのです。

 

中国産がいかに危険か、この事件で改めて思い知らされた気がします。

 

今回の事件で本当にたくさんのわんちゃんねこちゃんが亡くなりました。

 

ご家族の心痛なお気持ちは…想像もできません。
しかも自分が与えていたものが原因だなんて悲しすぎますよね…

 

2度とこんな事件は起きてほしくないと心から願っています。

 

中国産商品の安全性が確立されることが1番ですが、まだまだ難しい気がします。

 

今の私達にできることは、学べる限りの知識をつけ
愛犬の口に入るものの安全性を厳しい目で見極めようとする
強い意識を持つことだと思います。

 

私も愛犬には長生きして欲しいですし、ずっと一緒に暮らしたいので
これからもドッグフードの勉強は怠らないようにしていきます。

スポンサーリンク

関連ページ

4Dミートって一体何?
激安ドッグフードには危険な4Dミートが使われているかもしれないのはご存知でしたか?
恐ろしい「肉の副産物」
ドッグフードの原材料に「肉の副産物」と書かれていたら要注意!それはお肉ではありません…
カビが生えないドッグフード
ドッグフードにカビが生えていいわけないじゃない!そんな声が聞こえてきそうです。でもカビが生えないのも大問題なんですよ。
見た目のいいドッグフードに要注意!
たまにカラフルなドッグフードってありますよね?何となく美味しそうに見えますが、あれ危険です。
着色料と発色剤はどう違うの?
主にドッグフードのウェットタイプや犬用ジャーキーに多く使用されている「発色剤」についてです。着色料と似てるイメージですがどう違うのでしょうか?