ドッグフード 肉の副産物

肉の副産物とはどういうものか?

4Dミートに並ぶ危険な原材料として「肉の副産物」があげられます。

 

「肉の副産物」と聞いてあなたはどんなものを想像しましたか?

 

何だか…肉っぽい感じがしますよね?実際に「肉」って入っていますし…

 

でも実は「肉の副産物」は肉じゃないんです。

 

肉の副産物は主に下記の通り。

 

内蔵、脳、骨、腎臓、肝臓、肺、胃、腸、血液、etc…

 

「え、そんなところまで使っちゃうの?」と思わずにはいられない内容です。

 

当然純粋な「お肉」と違ってこれらの副産物はコストが抑えられます。
なのでメーカーは積極的に使っているんです。

 

ずっと昔、犬がまだ野生だった頃は仕留めた獲物のこれらの臓器も
一緒に食べてたはずなので、少しくらい混ざっていても問題はないと思います。

 

…がこれはさすがに頂けません。

 

なんと驚くことに、粗悪なドッグフードの中には、糞尿や爪や羽毛
さらには腫瘍まで使われているものもあるらしいのです!

 

これには本当にびっくりです。

 

知っていたら絶対に愛犬には与えたくないですね;
ちょっと気持ちが悪くなってきました…

 

良質なお肉を主原料としたドッグフードと、これら肉の副産物を
使用したドッグフード、その品質の違いは火を見るより明らかですよね。

 

肉の副産物がたっぷり含まれたドッグフードはとても健康に悪そうです。

 

わんちゃんの健康が気になる方は、「肉の副産物」の表示にはくれぐれも注意して下さい。

スポンサーリンク

関連ページ

4Dミートって一体何?
激安ドッグフードには危険な4Dミートが使われているかもしれないのはご存知でしたか?
カビが生えないドッグフード
ドッグフードにカビが生えていいわけないじゃない!そんな声が聞こえてきそうです。でもカビが生えないのも大問題なんですよ。
見た目のいいドッグフードに要注意!
たまにカラフルなドッグフードってありますよね?何となく美味しそうに見えますが、あれ危険です。
中国産はやっぱり怖い
人間用食品もわんこのドッグフードも中国産のものはやはり信用できません…できるなら避けたほうがいいと思います。
着色料と発色剤はどう違うの?
主にドッグフードのウェットタイプや犬用ジャーキーに多く使用されている「発色剤」についてです。着色料と似てるイメージですがどう違うのでしょうか?