ドッグフードの着色料と発色剤

ドッグフードを美味しそうに見せるずるい奴の正体!

ドッグフードの中には飼い主さんの受けを狙うためだけに入れられている着色料や発色剤が使われているものも多くあります。

 

発色剤は主にドッグフードのウェットタイプ(缶詰など)に入っている場合が多いです。

 

着色料は…読んで字のごとくドッグフードに色を付けるためのものだということが分かりますが、果たして「発色剤」とは何なのでしょうか?

 

以前はこの違いがよく分からなくて…。どっちにも「色」って入ってるし(汗)

 

でもまぁよく考えてみたら「発色剤」も着色料と同じくそのままの意味だったんですよね〜

 

発色剤とは?

 

ドッグフードに使用されている発色剤のほとんどが「亜硝酸ナトリウム」という成分かと思われます。

 

亜硝酸ナトリウム

 

肉の色を赤く発色させて美味しそうに見せる効果と殺菌作用がある。胃の中のアミノ酸と反応することでニトロソアミンという危険な発がん性物質に変化することが確認されている。

 

いくら殺菌作用があると言っても「発がん性」…と聞くとやっぱり怖いですよね。
それに一説では粗悪な原材料の見た目をごまかすために入れられている、という話も聞きます。

 

こうして見るとドッグフードに使用されている人工添加物の多くが発がん性のある物質です…。

 

なのでそれぞれの添加量は微量だとしても、それが何種類も…となるとやはりワンコの体にはかなり危険なものとなるのではないでしょうか。

 

この亜硝酸ナトリウムという発色剤は、ドッグフードよりも犬用ジャーキーなどに含まれている場合が多いです。

 

…ほとんど、と言ってもいいかもしれません。

 

なので個人的にはこの亜硝酸ナトリウムが入っているドッグフードやジャーキーはあげない方がいいと思います。

 

今一度愛犬の口に入るドッグフードやおやつを選ぶ際には原材料をしっかりとチェックするように努めたいですね。

スポンサーリンク

関連ページ

4Dミートって一体何?
激安ドッグフードには危険な4Dミートが使われているかもしれないのはご存知でしたか?
恐ろしい「肉の副産物」
ドッグフードの原材料に「肉の副産物」と書かれていたら要注意!それはお肉ではありません…
カビが生えないドッグフード
ドッグフードにカビが生えていいわけないじゃない!そんな声が聞こえてきそうです。でもカビが生えないのも大問題なんですよ。
見た目のいいドッグフードに要注意!
たまにカラフルなドッグフードってありますよね?何となく美味しそうに見えますが、あれ危険です。
中国産はやっぱり怖い
人間用食品もわんこのドッグフードも中国産のものはやはり信用できません…できるなら避けたほうがいいと思います。