ドッグフード 4Dミートについて

「4Dミート」ってご存知ですか?

ドッグフードについて何も知らない方は聞き慣れない言葉でしょうし、
逆にドッグフードについて少しでも詳しい方なら嫌でも耳に入ってくる言葉です。

 

4Dミートとは?
  • DEAD … 死亡した動物の肉
  • DISEASED … 病気だった動物の肉
  • DYING … 死にかけだった動物の肉
  • DISABLED … 障害のあった動物の肉

 

上記の頭文字をとって「4Dミート」と言われています。

 

これら4Dミートは当然ながら人間の食品基準を満たしていませんので、
人間の口に入ることはありません。

 

ただそうなった場合どうなるかと言うとペットフードに回される場合が多いです。

 

4Dミートの、お世辞にも質のいいとは言えないお肉が
当たり前のようにドッグフードに使われているのがペットフード業界の現実です。

 

これらのお肉は廃棄処分するのにもお金がかかるので
業者はそれを格安かタダ同然で引き取ってペットフードに利用します。

 

4Dミートの他にも肉の副産物など危険な原材料は他にもたくさんあります。

 

本来ならば処分されるはずのこれらの材料を使えば
お金をかけずに、安いフードを大量生産できるというわけですね。

 

これらの理由から、4Dミートや肉の副産物を使った
ドッグフードは激安の場合が多いです。

 

 

 

私もこの事実を最初に知ったときは驚愕でした…
だって、どう考えても体にめっちゃ悪そうですから(・_・;)

 

…と同時に何も知らずに安いフードを与えていた自分を責め、
愛犬にも申し訳ない気持ちになりました。

 

何より粗悪なペットフードを平気で消費者に売っている
メーカーに腹ただしい気持ちにもなりました。

 

(それを求める消費者がいるのですから、一概に業者だけが悪い、
とも言い切れないのですが…)

 

どうすればいいの?

 

4Dミートの真実を知った愛犬家のあなたなら、
「もう危険な4Dミートのお肉が入ったドッグフードは愛犬に与えたくない!」
と、思われていることでしょう。

 

じゃ4Dミートのお肉が使われていないドッグフードをどう選べばいいのでしょうか?

 

それはパッケージに記載されている「原材料」の表示をよくチェックすることです。

 

「○○ミール、肉類」などのはっきりしない曖昧な表現がされていたら要注意。
4Dミートや肉の副産物が使われている可能性が高いです。

 

逆にはっきりと「ラム肉、牛肉、鶏肉」などと記載されているものは
安心度が高いと言えるでしょう。

 

また無添加を謳ったドッグフードのなかには「人間でも食べられる原材料のみ使用」
と堂々と宣言されているものもあります。

 

そういったドッグフードには上記のような危険な原材料が使われている可能性は極めて低いため
安心して愛犬に与えることが出来るのではないでしょうか。

 

(それでも100%ではないのが悲しいところですが…)

スポンサーリンク

関連ページ

恐ろしい「肉の副産物」
ドッグフードの原材料に「肉の副産物」と書かれていたら要注意!それはお肉ではありません…
カビが生えないドッグフード
ドッグフードにカビが生えていいわけないじゃない!そんな声が聞こえてきそうです。でもカビが生えないのも大問題なんですよ。
見た目のいいドッグフードに要注意!
たまにカラフルなドッグフードってありますよね?何となく美味しそうに見えますが、あれ危険です。
中国産はやっぱり怖い
人間用食品もわんこのドッグフードも中国産のものはやはり信用できません…できるなら避けたほうがいいと思います。
着色料と発色剤はどう違うの?
主にドッグフードのウェットタイプや犬用ジャーキーに多く使用されている「発色剤」についてです。着色料と似てるイメージですがどう違うのでしょうか?