ドッグフードの切り替え方で注意すること

ドッグフードの正しい切り替え方法って?

ドッグフードの切り替え方についてです。

 

特にドッグフードをローテーションしている方は切り替えの頻度が高いので
重要な問題かと思います。

 

そして、子犬から成犬に、成犬から老犬に…とわんちゃんの一生では
大きくドッグフードを切り替える時期が何度か訪れますね。

 

そんなときにも覚えておきたいドッグフードの切り替えのお話です。

 

切り替えは徐々に?一気に?

 

皆さんはドッグフードは徐々に切り替えますか?一気に切り替えますか?

 

おそらく徐々に切り替えている…という飼い主さんが多いと思います。

 

何故かというと、ほぼ全てのドッグフードに「切り替えは徐々に」という
事が書いてあるからです。

 

大抵は今与えているフードに徐々に新しいフードを混ぜていく形が一般的です。

 

はじめのうちは、今のフードを8割:新しいフードを2割というように。
そしてだんだんと2〜3週間くらいかけてその割合を反対にしていきます。

 

そうやって徐々に切り替えていく方がわんちゃんの体に負担がかからないので
良しとされているようです。

 

ただ中には一気に切り替えることを推奨している方々もいます。理由は下記の通りです。

 

犬の消化器官は多少体に合っていないものでも徐々に摂り入れることで
体が慣れていき消化できるようになってきます。

 

なので、そのフードが体に合っていなかったとしても
外見からは知ることができないのです。

 

一気に切り替えることでそのフードが合っているのかいないのか?が
下痢や嘔吐などの症状からすぐに分かるので、
長い間無理をして体に合っていないものを食べさせる心配が無くなります。

 

多くのドッグフードで「徐々に切り替えて下さい」と書かれているのは、
自社の商品で問題が出にくくする為ドッグフード会社にとって都合がいいからです。

 

と、このような内容でした。

 

今までは何となく体に悪そうだから徐々に変えていくのがいいのかな?と思っていましたが、
一気に切り替えることを推奨している方のご意見を聞くと「なるほどな」と思いました。

 

ただそれでも徐々に切り替えることを勧める方も多いですし、
この問題もどちらかいいのか、という判断は簡単には出来ない気がします…

 

わんちゃんは運動や体のケアなど大変なことが多いですが、
食事の切り替え1つとってもこんなに複雑で難しいんだなぁ
ということを実感しています(・_・;)

 

この問題も明確な答えは無いと思うので、やはり飼い主さんの判断になってきますね。

 

飼い主さんがよく考えて決めたことがその子にとって最善なのだと思います。

 

一気に切り替える上での注意点

 

一気に切り替える上で注意したいこともあります。

 

例えば今までと全く違う原材料のフードに変えるときなど、がそれにあたります。

 

これまで肉が主原料だったフードから穀物が主原料のフードに変えるときや
その逆の場合も、消化器官がびっくりして下痢や嘔吐の症状を起こす可能性があります。

 

こういった場合は徐々に切り替えていくほうがわんちゃんの体にも負担が少ないため
臨機応変に対応していく必要があると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドッグフード給与量の目安はあくまで目安です
ドッグフードの給与量の目安を見てもいまいちどれだけあげればいいのか分からない!そんな人も多いと思います。
ドッグフードのローテーションはいいの?悪いの?
ドッグフードはローテーションした方がいいのか?1種類オンリーにした方がいいのか?あなたはどちら派ですか?
ドッグフードのローテーションの間隔
ドッグフードをローテーションする間隔はどのくらいが一般的なのか調べてみました。でもあまり参考にならないかも…
ドッグフードのローテーションの注意点
ドッグフードをローテーションする上での注意点について。わがままな子にしない為にはどうすればいい?
ドッグフードの給与量を見極める
肥満気味でダイエットが必要なわんちゃんのドッグフードの給与量についてです。
楽な姿勢でご飯が食べられるアイテム
ドッグフードや手作りご飯を与えるときにあると便利なアイテム。楽な姿勢でご飯ももっと美味しく感じるかも?
ドッグフードのふやかし方
ドッグフードはこうふやかす!今まで知らなかったドッグフードのふやかし方について。
1年の間で与えるドッグフードの量は変わる
1年中同じ量のドッグフードを与えている方は要注意!季節によって与えるドッグフードの量は変わります。
老犬のドッグフードはふやかしたほうがいい?
老犬になるとドッグフードをあまり食べたがらなくなる子も多いです。理由は1つではありませんが、これが原因ならふやかすのは有効といえるでしょう。